2015年10月

2015年10月07日

まずいぜ
まずいぜ
げきまずだぜ
詩だぜ
これ詩だぜ
詩ひつようだぜ

無意識 リビドー 解説者
だってそれわからんからね
「わからん」を無秩序、でいいじゃんのまま
あれのようにすべきなのがだから

詩だからって

トランプさんは詩人
あの、大統領候補の

自由な闊達 なことば
それを妨げない社会
ナショナルの勃興
だからマッチョいずむ

とか
安倍さんは、、、と書くことへの、
だんだんとつのっていくためらい

日本の総理大臣
「ためらい」
つのるのなんでだろう?

伊丹万作
のあの、戦後の文章
「だまされたー」って。
国民の機能、、、の変わらなさ。


問題はそこ、としたい。
「俺たち」が問題。

「アンチの語り方は限界ある」という。
さあなんだろう

こうやって口角あげるのが、無ブログの俺意義で
いたもうしわけない
さて

積極的に提言?
そういう、ビジョン、を、信じられるというのだろうか。

言葉で持って、
具体をビジョン、できるか。


みんな、いろんな観念に引きずられて、おれもそうだ。おれも言ってる。
それはあながちな間違いだ。
といえる
でもといって、なにがいえるだろう?

さてむずかしい。

これ以降
なにをどういうか
どうできるか?


何も言わなくても、できるのだが

言って、なにもしないのが、本流だ。
知の本流。
コメントの本流。

なにかをしてるやつに、やっかむのも、本流。
やっかみに、逆やっかみもだから、本流。

さて、批評のクオリティは。


さておれは、
風景描写。
心象描写。

ビジョンなんてない。

(09:56)